HOME > TECHNOLOGY(技術紹介)
抵抗溶接
レーザー溶接
1956年に技術的に不可能とされてきた自動交流溶接機を自社開発し強度・精度ともに優れた溶接加工を可能にしました。特にタングステンなどの高融点金属の溶接は高い評価を得ています。
主にネオン管やストロボなどの光デバイスの電極として利用され、また異種金属の特性を利用してセンサーなどにも利用されています。
プレス
ヘッダー
切 線
フォーミング
リード線加工・プレス加工共にお客様からの要望に添ったマシン設計開発を行い、精密加工を可能に致します。
又、画像検査装置をライン内に導入し全数保証体制を確立しており、お客様からの信頼を得ております。
ガラス溶着
気密部品や放電灯の製造には欠かせない金属とガラスの溶着加工。
CCFLの電極生産の経験から独自に研究・開発した熱処理技術によるガラス溶着加工は、高い信頼性で気密性が確保されています。